家づくり Blog

家づくりのポイント

「ガルバリウム=おしゃれ」は間違い⁉それでもガルバリウムをお勧めする理由

「おしゃれに見えるから」「スタイリッシュでカッコいいイメージ」と、最近の外壁のトレンドでもあるガルバリウム。でも、ただガルバリウムを使えばおしゃれになるのではなく、使い方を間違えば残念な仕上がりになってしまうこともあります。また、ガルバリウムにはメリットだけでなくデメリットがあるのも事実です。特徴を正しく理解しながら、上手に家づくりに取り入れていきたいですね。

ガルバリウムのメリットとデメリット

まずは簡単にガルバリウムのメリットとデメリットを見ていきましょう。
<メリット>   <デメリット>
・高耐久     ・ちょっと高い
・デザイン性   ・施工が難しい
・軽い

いつまでも若いガルバリウム

一般的な外壁であるモルタル壁や窯業系サイディングは20年30年経つと、見た目が年を取っていくのに対して、ガルバリウムは感覚的には30年経っても築5年くらいにしか見えないほど、見た目の若さを保つ素材です。将来のメンテナンスもあまり必要ないため、コスト面のデメリットは十分解消できるでしょう。

実はセンスと技術が問われる素材

ただし、経年変化がほとんどないからといっておしゃれに見えるわけではありません。ガルバリウムは若さを保ってもコーキングやサッシなど、周りの素材が劣化することでアンバランスな印象になってしまいます。人間に例えれば「肌は若いのに白髪頭」といった感じでしょうか。シンプルなように見えて、設計者にはデザインのセンスや細かなディテールが問われる素材だと思います。
また、ガルバリウムの外壁はすき間ができやすいため、一歩間違うと雨漏りが起こってしまいます。雨が侵入しないための工夫は必須となるため、確かな施工技術も求められるでしょう。りのいえでは防水施工とチェックに力を入れており、 施工実績も数十棟あります。

それでもガルバリウムをお勧めする理由

家は地球上において最も大切な居場所です。大げさに言えば、その人は存在していることをより明確にしてくれるシンボルです。だからこそ、何十年経ってもいつまでも若々しく自分たち家族の存在しているシンボルとしてガルバリウムを使用した家をおすすめします。周りから、あの家(家族)なんかいいね!と言われる家にしたいですよね!

Share

Contact

見学会のご連絡・住宅のご相談はこちらから

  • 一覧へ

Category

  • カテゴリーなし
社長ブログ