社長ブログ

人は想いでしか動かない①

久しぶりに、本質について。
また一つ、大事な本質を実感しました。
それにより、感性の部分の理解が、もう一段階深まりました。
気持ちとか、想いとかの部分です。

 

よく、
「全ての人は、想いでしか動かない。頭では動かない」と言いますよね。
想いでしか動かないということは、事実であり、真実。
そこまではわかっていましたが、その先を明確に理解することができました。

 

先日参加したセミナーで、
「人は想いでしか動かないから、お客様に“買いたい”と思うように仕向ければいい」
というお話を聴きました。
どうやってお客様の想い、気持ちを変える仕掛けを作るのかという話でした。

 

要は、お客様の想いを変えるということです。
お客様の「買わない」という行動を「買う」という行動に変えるためには、
お客様の想いを刺激しなければなりません。

 

この話は、お客様に対しての話でした。
しかし、従業員に対しても同じです。
全ての人間に対して同じということになります。

 

人の行動を変えるためには、想いを刺激しなければなりません。
お客様に買ってもらうためには、お客様の想いを変えます。

 

 

では、会社にとって、最高の従業員になってほしいのであれば、
経営者は何をすべきなのでしょうか。
どういう想いに変えさせればいいのでしょうか。

 

「この会社にとって必要な人間になりたい」
「この会社にもっと貢献したい」
「自分がもっと幸せになりたい」

 

従業員がそういう風に想うように、想いを変える仕掛けを作ればいいのです。

 

どのように従業員の想いを変えていくかは、
次回にお話したいと思います。

 

Share

Contact

見学会のご連絡・住宅のご相談はこちらから

  • 一覧へ