社長ブログ

「企業理念と経営塾について④」 ~衆知経営の理解と実行~

衆知経営について、私は松下経営塾に入塾し本格的に学びました。

衆知の素晴らしさは昔から

「和をもって尊しとなす」という言葉があるように、

日本人の伝統精神として脈々と私たちに受け継がれているものだと思います。

 

この衆知経営について学んでいく内に「なるほど」と思いながらも、

思い返してみると松下経営塾に行く前から、

私は社員全員の意見を集め経営者が決断するという行為は、

大切にしてきたことで、間違っていなかったと自信がつきました。

現場で何か問題があれば必ず社員にその状況を聞く、

会社としてどのように判断すべきか社員にも意見を聞く、などです。

 

一方で、ここぞというときは、

自分としてリーダーシップを発揮し決めなくてはならないことがありますから、

この判断難しいですね。

また、社員の意見を聞くことすらなかなか実行できないことも決して少なくないです。

 

決断はした。

けれど「実行する」という行為が最も難しいと私は感じています。

わかっているだけじゃダメなんです。

実行して初めて結果がついてきますから。。

 

Share

Contact

見学会のご連絡・住宅のご相談はこちらから

  • 一覧へ