社長ブログ

「企業理念と経営塾について①」 ~社員の幸せが先か、お客様の幸せが先か~

私はこれまでさまざまな経営塾で学んできました。

それらの中で共通して教えられてきていることといえば

「お客様のために」「お客様第一主義」という考え方です。

 

これは昔から続く日本の企業に多い考え方で、

とても素晴らしい考え方だと私は思います。

 

一方で、

「お客様第一主義のために、どこまで自己犠牲をすべきなのか」

と考えたり、何とも言えない違和感を持つ方も少なくなかったのではないでしょうか。

事実、私もずっとそう感じていました。

これは決してお客様を大切にしないというわけではありません。

 

誤解を恐れずに言えば私は、

「お客様を大切にしたいなら、まず自分たちが幸せでなければお客様を幸せにはできない」

という考えが正しいと考えています。

自分たちが幸せに働ける環境があるからこそ、

お客様により良い商品・サービスを提供できる、という順番です。

 

こうした考え方を理解していない経営者が会社を作るとどうなるでしょうか?

経営者は社員に「まずお客様を幸せにしろ」と一方的に言ってしまうため、

社員は間違いなく疲弊します。

自らのすべて犠牲にしてでもお客様のために尽くせる社員などまずいないですし、

そうした社員は今の時代、続かないでしょう。

 

皆さんの会社の方針は、

お客様の幸せが先か、自分たち(社員)の幸せが先か、どちらでしょうか?

 

Share

Contact

見学会のご連絡・住宅のご相談はこちらから

  • 一覧へ